システム

トラブルの対処方法

オフィス

会社で社員が使っているwindowsが起動しないトラブルが起こった場合、専門業者の力を借りましょう。自分で対処して症状を重くするよりも、業者にしっかり原因を調べてもらったほうがデータ復旧も迅速に進みます。

詳細を確認する...

導入するメリット

案内

ファイル共有は社内でのみ行なわれる印象がありますが、クラウドサービスを利用すると外部の企業ともスムーズに取引ができます。また、パソコンだけでなくタブレットからもアクセスできるので、重要な資料を持ち運ぶ必要がありません。

詳細を確認する...

作業にかかる費用

パソコン

会社では膨大な量のデータを扱うので外付けのhddは非常に重宝されます。しかし、万が一認識されないなどの不具合が起きた場合は復旧のプロ煮直してもらいましょう。コストを下げるためには総合的に業者を見極めましょう。

詳細を確認する...

大事なデータを守る

パソコン

企業間同士で資料のやり取りをするとき、今までは直接資料を持参したり、タブレットやノートパソコンに会社の資料を移してから共有することがほとんどでした。しかし、今はネット上で簡単にファイル共有をすることが出来るようになっています。多くの企業ではパソコンをネットに繋いでいるものですが、このネットワークを利用してファイル共有が可能になる製品が数多く販売されています。導入すると、ネット上から簡単に取引先の情報が取得できたり、外出している社員が最新のファイルをすぐに確認できるなど様々な利点があります。また、社外の人にネットでファイル共有をすることに不安を感じる企業もいるはずですが、重要なデータを取引先の会社が確認できないように会社内で設定することもできるので、情報漏えいの心配もありません。

ファイル共有ができる機能はどの業種が導入しても問題なく利用できます。建設業や教育期間、家電メーカーから製作会社まで実に幅広い企業が導入するほど信頼感と安定感があります。さらに、本格的に導入する前に使い心地や操作性を確認したい企業は無料のトライアルを利用して、試験的に会社に導入するのも良いでしょう。また、この機能は企業の業務を管理するシステムも搭載されているので、社員にかかる負担を大幅に減らして業務が円滑に進むようにサポートすることも可能です。企業でファイル共有を始めるなら、まずはネットから問い合わせをして資料請求や質問をしましょう。簡単な情報を入力するだけで良いので、すぐに製品について詳しい情報が得られます。