キーボード

導入するメリット

案内

これまで、ファイル共有といえば社内のサーバーを使って行なわれるものでした。しかし、クラウドサービスが登場してからは外部ともファイル共有を行なえるようになりました。クラウドでファイル共有を行なうメリットは、取引先とのやり取りがスムーズに進むという点です。従来は、取引先とファイルを共有する場合メールを使ってその都度送る方法が一般的でした。ところが、クラウドのファイル共有ならネット環境が整っていればどこからでも自由にアクセスができるので、わざわざメールをする必要がなくなりました。社外に出してはいけないファイルは、あらかじめ設定をしておけば社内だけでアクセスできるようになるので、セキュリティ面でも問題はありません。他にも、パソコンだけでなくタブレットやスマートフォンからもファイル共有ができるので、移動の度にタブレットにデータを保存しなくても良くなりました。また、急なデータ変更があった場合でも、クラウド上ならすぐに最新の情報が更新されるので、取引先とのプレゼンもスムーズに進めることができます。そして、会社の業務には欠かせないファイルサーバの運用コストも大幅に減らすことができます。事務所の移転や部署の移動などで社内のサーバを移動させると、想像以上に設定変更などの手間がかかりますが、クラウドのファイル共有なら移動させる必要はなくなり、設定も簡単なのでコスト削減に繋がるのです。このように会社にとって大きなメリットをもたらすファイル共有は、クラウドサービスを提供する会社を慎重に選ぶことで、有効に活用できるでしょう。